コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨時的任用教員(臨時教員)

1件 の用語解説(臨時的任用教員(臨時教員)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

臨時的任用教員(臨時教員)

教員免許は持っているが教員採用試験に合格していない人などが登録し、県教委が必要に応じて雇用する。小中学校では学級担任になることも。正規教員の産休、病欠時だけでなく、近年は学級が増えて正規教員が不足したり、財政難で正規教員の採用を抑えたりするときに調整役として任用されるケースが目立つ。県教委によると、県内の教員のうち約10人に1人は臨時教員で、その割合は増加しているという。

(2012-03-07 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臨時的任用教員(臨時教員)の関連キーワード教育職員免許法等改正(教員免許更新制)教員免許状折桂教員免許法改正案公立学校の教員採用小学校の教員になるには福岡市の教員採用試験漏洩問題(年齢、肩書は当時)大分県教委汚職事件正規教員と非正規教員教免

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone