自主参加型排出量取引

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自主参加型排出量取引

企業にCO2削減を促す仕組みの一つ。環境省企業に削減目標を約束させる代わりに、省エネ費用の3分の1を補助。削減不足なら補助金返還の罰則があるが、不足分は取引で他社から「排出枠」を買って補える。「排出権」取引ともいう。欧州では、削減を義務化したうえの取引制度がすでにあるが、この制度は実験的で参加も削減も自主的。補助金という見返りも特徴だ。

(2007-10-10 朝日新聞 夕刊 環境)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android