コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自主参加型排出量取引

1件 の用語解説(自主参加型排出量取引の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自主参加型排出量取引

企業にCO2削減を促す仕組みの一つ。環境省が企業に削減目標を約束させる代わりに、省エネ費用の3分の1を補助。削減不足なら補助金返還の罰則があるが、不足分は取引で他社から「排出枠」を買って補える。「排出権」取引ともいう。欧州では、削減を義務化したうえの取引制度がすでにあるが、この制度は実験的で参加も削減も自主的。補助金という見返りも特徴だ。

(2007-10-10 朝日新聞 夕刊 環境)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

自主参加型排出量取引の関連キーワード地球温暖化カーボンオフセット熱帯林環境価値海洋の酸性化オフセット・クレジット(J―VER)制度燃料電池車日産ディーゼル クオン地球温暖化対策のための税排気ガス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone