自動列車制御装置(ATC)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自動列車制御装置(ATC)

先行列車との間隔や路線の勾配(こうばい)などに応じて「指示速度」を運転台に表示し、列車がその速度を超えたら自動的にブレーキをかける仕組み。日本では新幹線に初めて導入され安全運行の要となった。台湾新幹線は新ATCを採用。列車のコンピューターが先行列車や最寄り駅までの距離などを計算してブレーキを連続制御するため、使い勝手や乗り心地が向上している。

(2007-03-19 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android