コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動列車制御装置(ATC)

1件 の用語解説(自動列車制御装置(ATC)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自動列車制御装置(ATC)

先行列車との間隔や路線の勾配(こうばい)などに応じて「指示速度」を運転台に表示し、列車がその速度を超えたら自動的にブレーキをかける仕組み。日本では新幹線に初めて導入され安全運行の要となった。台湾新幹線は新ATCを採用。列車のコンピューターが先行列車や最寄り駅までの距離などを計算してブレーキを連続制御するため、使い勝手や乗り心地が向上している。

(2007-03-19 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自動列車制御装置(ATC)の関連キーワード返し勾配矩勾配急行列車勾配が早い勾配標夜行列車切刃造勾配がぬるい勾配織温度勾配

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone