コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動速度取り締まり装置(オービス)

1件 の用語解説(自動速度取り締まり装置(オービス)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自動速度取り締まり装置(オービス)

通過車両の速度を自動で計測し、違反車両の画像とデータを記録する。「オービス」はもともとはアメリカ航空機製造会社「ボーイング社」が開発した製品名で、ラテン語で「眼」を意味する。測定方式はレーダー式とループコイル式の2種類があり、小山市田間のオービスはループコイル式。地面に埋め込まれた三つのコイルで通過車両の速度を計測する。

(2008-03-10 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone