コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自殺と、いのちの電話

1件 の用語解説(自殺と、いのちの電話の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自殺と、いのちの電話

県警によると、年間の自殺者数は、全国では98〜05年に3万2千人前後で推移し、県内では00〜05年に330人前後を記録した。大分いのちの電話(相談員216人)は、自殺を防ぐ目的で設立された全国49のセンターのうちの一つで86年に開局。年間の相談は1万8千件(自殺関連は約800件)ほどで、1日平均では約50件。相談者は男女とも30代が最多だが、50代や20代も次いで多い。

(2006-09-30 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自殺と、いのちの電話の関連キーワード自殺自殺対策基本法県警クラブがんの死亡者数旭中央病院広島空港の国際線山梨県の自殺死亡率スクールサポーター島根の自殺対策中国人旅行客の増加

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone