コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自民党の公認調整

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自民党の公認調整

郵政民営化法案の参院否決後、小泉首相(当時)が解散した05年総選挙で、自民党は法案反対の議員を公認せず、「刺客」と呼ばれた対立候補を立てた。33選挙区で分裂選挙になり、反対組15匠刺客14匠残り4選挙区は両者落選。昨年12月の党選挙対策委員会で(1)比例名簿優遇は原則廃止(2)競合する現職小選挙区比例区交互に立つ「コスタリカ方式」は新たに認めない――などの公認基準を決めた。

(2008-02-05 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android