コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自民党の公認調整

1件 の用語解説(自民党の公認調整の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自民党の公認調整

郵政民営化法案の参院否決後、小泉首相(当時)が解散した05年総選挙で、自民党は法案反対の議員を公認せず、「刺客」と呼ばれた対立候補を立てた。33選挙区で分裂選挙になり、反対組15匠刺客14匠残り4選挙区は両者落選。昨年12月の党選挙対策委員会で(1)比例名簿優遇は原則廃止(2)競合する現職が小選挙区と比例区で交互に立つ「コスタリカ方式」は新たに認めない――などの公認基準を決めた。

(2008-02-05 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自民党の公認調整の関連キーワード郵政民営化内閣支持率予算関連法案郵政総選挙日本郵政株式会社全特特命担当相全国郵便局長会(全特)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自民党の公認調整の関連情報