コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自民党の公認調整

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自民党の公認調整

郵政民営化法案の参院否決後、小泉首相(当時)が解散した05年総選挙で、自民党は法案反対の議員を公認せず、「刺客」と呼ばれた対立候補を立てた。33選挙区で分裂選挙になり、反対組15匠刺客14匠残り4選挙区は両者落選。昨年12月の党選挙対策委員会で(1)比例名簿優遇は原則廃止(2)競合する現職小選挙区比例区交互に立つ「コスタリカ方式」は新たに認めない――などの公認基準を決めた。

(2008-02-05 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自民党の公認調整の関連情報