コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自治体の放射能検査

1件 の用語解説(自治体の放射能検査の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自治体の放射能検査

県内すべての市町村が、自家栽培した野菜など住民が持ち込む食材の放射能検査を受け付けている。県が把握しているだけで、昨夏から2月末までに約8千件を検査。1キロあたり100ベクレルを超えるセシウムが検出されたのは、ほとんどがイノシシの肉やキノコ類だ。

(2013-03-04 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自治体の放射能検査の関連キーワード香南市町村組合市町村条例清浄野菜市町村防災会議すべての石の下に市町村道県内のごみ有料化群馬の平成の大合併市町村立の中学校数

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone