コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自治基本条例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自治基本条例

行政への市民参加の保障▽情報の共有▽市民、首長・行政それぞれの役割や責任などを定め、「自治体の憲没とも呼ばれる。地方分権が進むのに伴い、自治体が独自のルールや方向性を明確にするため制定の動きが広がった。「まちづくり条例」「市民参画条例」「行政基本条例」「自治憲章条例」などの名称がある。住民投票制度を盛り込んでいる自治体もある。

(2013-12-21 朝日新聞 朝刊 3社会)

自治基本条例

市民参加など自治体運営の理念を定めた条例。地方分権への関心の高まりとともに各地で制定され、住民投票制度を盛り込んだ自治体もあるが、「議会の権限を弱める」などと反発する議員も多い。尼崎市では、稲村和美市長が9月議会での制定を目指すが、議会内の異論に配慮し、当初想定していた住民投票制度は盛り込まない方針を決めている。

(2016-09-06 朝日新聞 朝刊 阪神・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

自治基本条例の関連キーワード住民がつくる協議会まちづくり基本条例外国人参政権

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自治基本条例の関連情報