コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然増 しぜんぞう

大辞林 第三版の解説

しぜんぞう【自然増】

成り行きのままにしておいて増えること。
特定の期間において出生から死亡を引いた数。自然増加。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

自然増の関連キーワード08年度一般歳出の概算要求基準国連パレスチナ難民救済機関ロトカ‐ヴォルテラの式安定人口・静止人口社会保障費の抑制策最大持続的漁獲量人口ピラミッド最大持続生産量人口の自然増加社会保障関係費人口の社会増減自然増・社会増政府経済見通し物価調整減税名古屋(市)地方財政計画人口減少元年愛知県の人口人口増加率茨城(県)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自然増の関連情報