コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然的態度 しぜんてきたいど

大辞林 第三版の解説

しぜんてきたいど【自然的態度】

フッサール現象学の用語。目の前に広がる世界の存在を自明のこととして疑わない素朴な日常的見方を指す。この態度は現象学的還元の操作によって停止され、超越論的態度へと移行する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

自然的態度の関連キーワード現象学的還元超越論的意識先験的意識エポケー現象学自我超越

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android