コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由律句

1件 の用語解説(自由律句の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自由律句

季語や五七五調はなくてもよく、多くの作品は5~23字程度で表現されている。1911(明治44)年に荻原井泉水(おぎわらせいせんすい)らが「新傾向俳句」を提唱した後、自由律俳句となった。種田山頭火尾崎放哉(ほうさい)と並んで先覚者と呼ばれる。戦後になって急速に衰退した。

(2012-08-29 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由律句の関連キーワード五七調七五調音数律斯くても五七五調然なくとも態態遅牛も淀早牛も淀ではなくて

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自由律句の関連情報