自由民主同盟[ハンガリー](読み)じゆうみんしゅどうめい[ハンガリー](英語表記)Szabad Demokraták Szövetsége

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由民主同盟[ハンガリー]
じゆうみんしゅどうめい[ハンガリー]
Szabad Demokraták Szövetsége

ハンガリー左派勢力を代表する政党。 1988年5月設立の自由イニシアチブ・ネットワークを母体として,同年 11月結成。民主フォーラムよりも左派寄りの立場をとり,政策綱領には雇用の拡大,地方分権ヨーロッパ統合を掲げる。 90年3,4月の初の総選挙では 92議席を獲得して,民主フォーラムに次いで第2党に躍進。党内には実用主義派とイデオロギー派の対立が根深かったが,92年 11月イワーン・ペトゥーが党首に就任して対立は解消。 94年5月の総選挙では第2党ながら 70議席まで後退。しかし,209議席を獲得して第1党になった社会党連立政権を樹立し,社会党のホルン・ジュラ政権下で民営化による雇用拡大を推し進めた。しかし,経済運営の失敗から 98年5月の総選挙では第4党に後退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android