コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由貿易協定(FTA)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自由貿易協定(FTA)

特定の国や地域との間で、貿易の関税やサービスのやり取りの障壁原則としてなくす取り決め。貿易拡大で経済成長が期待できる一方、安い輸入品が入り、打撃を受ける産業分野も出てくる。FTAを柱に労働者の移動の自由や知的財産、投資保護のルールにまで対象を広げるのが経済連携協定(EPA)だ。一方、「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)」は多国間の交渉で、「例外なき関税撤廃」が原則。二国間交渉のために一部品目を関税撤廃の対象外にするなど柔軟に対応できるFTAなどと比べ、ハードルが高い。

(2010-12-05 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

自由貿易協定(FTA)の関連キーワードNAFTA(North American Free Trade Agreement)自由貿易協定(Free Trade Agreement)FTA(Free Trade Agreement)ニュージーランド=オーストラリア自由貿易地域ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ環太平洋経済連携 協定(TPP)東南アジア諸国連合自由貿易地域TPP(環太平洋経済連携協定)北米自由貿易協定(NAFTA)経済統合協定(EIA)スパゲッティボウル現象環太平洋経済連携協定両岸経済協力枠組協定スナップバック条項アメリカ自由貿易圏スナップバック手続米韓自由貿易協定聖域なき関税撤廃特定原産地証明書北米自由貿易協定

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由貿易協定(FTA)の関連情報