コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自社株消却 じしゃかぶしょうきゃく

大辞林 第三版の解説

じしゃかぶしょうきゃく【自社株消却】

企業が自社発行の株式を買い戻して消却すること。株主に対する余剰資金の還元策の一つで、これにより一株当たりの価値を高めたり、株主資本利益率( ROE )を向上させたりすることができる。自社株買い消却。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自社株消却の関連キーワード1株あたり利益 EPS株主資本利益率自社株買い余剰資金金庫株

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android