コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自転車防犯登録

1件 の用語解説(自転車防犯登録の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自転車防犯登録

盗難防止や盗まれた場合でも見つけやすくするのが目的。罰則はないが、自転車基本法で義務化されている。購入時に販売店で名前や住所などを申告し、個別の番号の登録標(ステッカー)を張ってもらう。埼玉県は登録料が500円、有効期限は8年。県公安委員会の指定を受けた県自転車防犯協会が登録データをまとめ、県警本部が管理して照会業務に使う。同協会によると、昨年度の登録数は約68万台。東日本大震災の影響で前年度より6万台増えた。複数の駐輪場で実施している定期調査では平均2割が無登録車という。

(2012-07-07 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自転車防犯登録の関連キーワード盗難保険イモビライザー盗難猶予期間盗難防止装置割引盗難防止の日盗まれた都市ヴォルタの法則県内の仏像の盗難被害の状況ウィンドウズVista

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自転車防犯登録の関連情報