至て(読み)いたって

精選版 日本国語大辞典の解説

いたっ‐て【至て】

〘副〙 (「いたりて」の変化した) 非常に。きわめて。全く。
※曾我物語(南北朝頃)一二「親子恩愛のいたって切なる事」
※日葡辞書(1603‐04)「Itatte(イタッテ) ソレホド ゾンゼヌ〈訳〉その事について私はそう深く根本的には知らない」

いたり‐て【至て】

〘副〙 (動詞「いたる(至)」の連用形に、助詞「て」が付いて一語化したもの。程度の甚だしいさまを表わす) とても。非常に。まったく。
※続日本紀‐天平宝字八年(764)九月二〇日・宣命「至(いたりテ)(きよ)く仏の御法を継ぎ隆(ひろめ)むと」
古今著聞集(1254)二「しかれども慈悲いたりて深きが故に」
[語誌]漢文訓読特有語で、和文系の「いと」に対応する。後に音便形の「いたって」が使われるようになる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android