コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至り深し イタリフカシ

デジタル大辞泉の解説

至(いた)り深・し

思慮が深い。心づかいが行き届いている。
「―・き御心にて、もしかかる事もやと思すなりけり」〈・野分〉
造詣(ぞうけい)が深い。
「言の葉筆づかひなどは、人より殊になまめかしく、―・う見えたり」〈・須磨〉
深い趣がある。
「(明石ノ浦ハ)何の―・き隈(くま)はなけれど」〈若紫

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いたりふかし【至り深し】

思慮が深い。 「心おきてを思ひめぐらさむかたも-・く/源氏 帚木
趣が深い。 「播磨の明石の浦こそ…なにの-・き隈はなけれど/源氏 若紫

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

至り深しの関連キーワード至り源氏帚木

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android