コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興ず きょうず

大辞林 第三版の解説

きょうず【興ず】

( 動サ変 )

こうず【興ず】

( 動サ変 )
おこす。興隆させる。 「聖徳太子、仏法を-・ぜんとし給ひしに/盛衰記 24

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

興ずの関連キーワード杯流し・盃流し入間川(狂言)棒縛∥棒しばりスポーツ写真三井寺(能)鳥獣人物戯画暇に飽かす戯る・狂るネストルもて興ず鳥獣戯画清水座頭笑壺の会言語遊戯戯れる久木野ビュデ色濃い興じる盛衰記

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android