コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌たるい したたるい

大辞林 第三版の解説

したたるい【舌たるい】

( 形 ) [文] ク したたる・し
〔近世以降の語〕
物の言いようが甘えたようである。また、態度がべたべたしている。 「益々寄添ひつつ、-・いまでに語ことばを和げて/金色夜叉 紅葉
物の言い方がくどくどしている。したるし。 「 - ・い愚痴沢山な自惚やら楽屋落やら列べれば/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android