舘 残翁(読み)タチ ザンオウ

20世紀日本人名事典の解説

舘 残翁
タチ ザンオウ

大正・昭和期の郷土史家



生年
慶応3年7月21日(1867年)

没年
昭和22(1947)年9月12日

出身地
加賀国石川郡野々市村(石川県野々市町)

本名
舘 八平

経歴
加賀国(石川県)の醸造元に生まれる。大正3年大乗寺の開山・徹通義介の骨壺が発見されたのをきっかけに、同寺と開基の守護・富樫氏の研究を始める。著書に「加賀大乗寺史」「富樫氏と加賀一向一揆史料」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android