舘 残翁(読み)タチ ザンオウ

20世紀日本人名事典の解説

舘 残翁
タチ ザンオウ

大正・昭和期の郷土史家



生年
慶応3年7月21日(1867年)

没年
昭和22(1947)年9月12日

出身地
加賀国石川郡野々市村(石川県野々市町)

本名
舘 八平

経歴
加賀国(石川県)の醸造元に生まれる。大正3年大乗寺の開山・徹通義介の骨壺が発見されたのをきっかけに、同寺と開基の守護・富樫氏の研究を始める。著書に「加賀大乗寺史」「富樫氏と加賀一向一揆史料」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android