コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舘山寺[温泉] かんざんじ

2件 の用語解説(舘山寺[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

舘山寺[温泉]【かんざんじ】

静岡県浜松市,浜名湖北東岸の陸繋(りくけい)島上にある温泉。戦後開発された含塩化土類泉。25℃で浴用は加熱。湖岸随一の景勝地で,曹洞宗舘山寺の付近は月見,ツツジの名所。
→関連項目西[区]浜名湖浜松[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんざんじ【舘山寺[温泉]】

静岡県西部,浜松市の温泉。浜名湖東岸の標高40mの舘山の山すそに1958年開湯し,昭和40年代の東名高速道路,浜名湖レークサイドウェーなどの開通によって奥浜名湖探勝の基地として発展した。湖内に突き出た半島部にあたるため眺望にすぐれ,潮干狩り,船釣りが楽しめるほか,周囲に植物公園や遊園地も整備され,遠州随一の温泉郷となっている。泉質は含塩化土類泉で,泉温が17℃と低いため加熱している。浜松市街からバスで40分ほどの距離にあり,〈浜松の奥座敷〉とも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

舘山寺[温泉]の関連キーワード上諏訪温泉浜名湖弁天島舞阪三ヶ日今切河津遠江浜名湖パルパル天竜浜名湖鉄道

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone