コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舘岩[村] たていわ

世界大百科事典 第2版の解説

たていわ【舘岩[村]】

福島県南西部,南会津郡の村。人口2630(1995)。四方を帝釈山地に連なる標高1000~2000mの山々に囲まれ,南は栃木県に接する。山間の標高600~800mの地に20余の集落が点在し,村域の大半を山林が占める。中心集落の松戸原は,大正初年まで無人の地であったが,1947年村役場が置かれて発展した。農林業を主とするが,山間地帯のため生産性が低く,冬季の出稼ぎも多い。村の東端に八総(やそう)鉱山があって銅,亜鉛などを産出したが,1970年に閉山した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

舘岩[村]の関連キーワードアッタロス朝入会権ソルベンシー・マージン比率支払い余力比率エクスプレス予約戦艦大和新生児病床県内の海産稚アユ採捕量戦艦「大和」

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android