コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞・儛 まい

大辞林 第三版の解説

まい【舞・儛】

〔動詞「舞う」の連用形から〕
歌や音曲にあわせて身体・手足を動かすこと。周囲にはやされて動き、巡るあるいは回る動作を主とする。日本の古代から中世への舞踊は舞を中心とし、物語や物まねと結びつく。近世では舞と踊りの区別はあいまいとなり、江戸の踊りに対して上方の舞という。
神楽かぐら・舞楽・白拍子・延年・曲舞くせまい・幸若舞こうわかまい・能・地歌舞などの舞踊。また、これらを演じること。
能・狂言で、謡が入らず囃子はやしだけで演じる舞踊部分。舞事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android