コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞・儛 まい

大辞林 第三版の解説

まい【舞・儛】

〔動詞「舞う」の連用形から〕
歌や音曲にあわせて身体・手足を動かすこと。周囲にはやされて動き、巡るあるいは回る動作を主とする。日本の古代から中世への舞踊は舞を中心とし、物語や物まねと結びつく。近世では舞と踊りの区別はあいまいとなり、江戸の踊りに対して上方の舞という。
神楽かぐら・舞楽・白拍子・延年・曲舞くせまい・幸若舞こうわかまい・能・地歌舞などの舞踊。また、これらを演じること。
能・狂言で、謡が入らず囃子はやしだけで演じる舞踊部分。舞事。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

舞・儛の関連キーワード物まね連用形白拍子地歌舞幸若舞踊り近世狂言音曲舞楽曲舞延年舞踊

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android