舟橋 聖一(読み)フナハシ セイイチ

20世紀日本人名事典の解説

舟橋 聖一
フナハシ セイイチ

昭和期の小説家,劇作家



生年
明治37(1904)年12月25日

没年
昭和51(1976)年1月13日

出生地
東京市本所区横網町(現・東京都墨田区)

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部国文科〔昭和3年〕卒

主な受賞名〔年〕
毎日芸術賞〔昭和39年〕「ある女の遠景」,彦根市名誉市民〔昭和39年〕,野間文芸賞(第20回)〔昭和42年〕「好きな女の胸飾り」,文化功労者〔昭和50年〕

経歴
東大国文科時代「朱門」同人となり、大正14年村山知義、河原崎長十郎らと劇団心座を結成、戯曲集「愛欲の一匙」を発表する。15年戯曲「白い腕」を「新潮」に掲載して文壇にデビュー。その後明大教授をつとめながら小説を書き始め、昭和8年阿部知二らと雑誌「行動」を創刊、行動主義を唱えて「ダイヴイング」を発表、注目を集める。13年「木石」で認められ、以後「悉皆屋康吉」「雪夫人絵図」「芸者小夏」「花の生涯」「絵島生島」「ある女の遠景」などの代表作を書いた。「新・忠臣蔵」は平成11年NHK大河ドラマ「元禄繚乱」の原作。他に伝記「岩野泡鳴伝」、自伝小説「真贋の記」、「舟橋聖一選集」(全13巻 新潮社)がある。昭和42年日本芸術院会員。相撲愛好家で長く横綱審議委員会委員長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

舟橋 聖一 (ふなばし せいいち)

生年月日:1904年12月25日
昭和時代の小説家;劇作家。明治大学教授;横綱審議委員会委員長
1976年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舟橋 聖一の関連情報