コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舟橋[村] ふなはし

世界大百科事典 第2版の解説

ふなはし【舟橋[村]】

富山県中央部,中新川郡の村。人口1658(1995)。常願寺川下流の東岸にあり,富山平野のほぼ中央部に位置する。面積3.4km2は県下最小。集落は自然堤防上に分布する。白岩川とその支流が流下するため水利に恵まれ,かつては舟運が盛んで物資の集散地としてにぎわった。米の単作地域であったが,近年は肉牛の生産も行われる。富山地方鉄道本線が通じ,富山市への交通の便がよいため,通勤者も多い。【千葉 立也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

舟橋[村]の関連キーワード自己株式色覚首相指名ウイグル自治区新疆ウイグル自治区C56あたごJALエクスプレス会社員の公的医療保険大日向村の分村移民

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android