コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空機の燃料

1件 の用語解説(航空機の燃料の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

航空機の燃料

ジェットエンジンの燃料は主に灯油に似た性質の「ケロシン」。高騰が激しく、現在の1バレル(約160リットル)=137ドル(シンガポール市場8月平均)は02年同期比の約5倍。燃費は速度や重量、風向きなどで変わるが、大型のボーイング747―400(550人乗り)だと1時間で約1万3千リットル程度とされる。

(2008-09-05 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航空機の燃料の関連キーワード航空燃料ジェットエンジンラムジェットジェット機ジェット燃料ファンジェットウィジェットエンジンエアブリージングエンジンガジェットエンジンターボジェットエンジン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

航空機の燃料の関連情報