コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空燃油サーチャージ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

航空燃油サーチャージ

航空会社が航空燃料費を輸出入業者、乗客にも負担してもらう料金制度。近年、原油価格が高騰し、航空燃料費もそれに並行して上昇した。それにともない、日本貨物航空など、航空会社のいくつかは2005年から、貨物1キログラム当たりにかける航空燃油サーチャージを、大幅に引き上げた。輸出入業者には、コストの上昇につながり、取引が厳しくなりつつある。さらに同年から、国内外を問わず多くの航空会社が旅行運賃にかけるサーチャージ料金を引き上げている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

航空燃油サーチャージの関連情報