コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空燃油サーチャージ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

航空燃油サーチャージ

航空会社が航空燃料費を輸出入業者、乗客にも負担してもらう料金制度。近年、原油価格が高騰し、航空燃料費もそれに並行して上昇した。それにともない、日本貨物航空など、航空会社のいくつかは2005年から、貨物1キログラム当たりにかける航空燃油サーチャージを、大幅に引き上げた。輸出入業者には、コストの上昇につながり、取引が厳しくなりつつある。さらに同年から、国内外を問わず多くの航空会社が旅行運賃にかけるサーチャージ料金を引き上げている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android