コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空特殊無線技士

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

航空特殊無線技士

自家用機やヘリコプターとの通信など航空管制に必要な資格。国内空港で民間機の航空管制官になる場合は、国家公務員の採用試験に合格後、航空保安大学校(大阪府泉佐野市)などで研修を受け、この資格を取得する。自家用機などの操縦にも必要で、試験を実施する日本無線協会によると、昨年度は計1373人が受験し、1039人が合格した。うち15歳以下の合格者は前田君を含め2人だった。

(2011-05-10 朝日新聞 朝刊 阪神 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

航空特殊無線技士の関連キーワードPンPコ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android