コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空自衛隊築城基地

1件 の用語解説(航空自衛隊築城基地の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

航空自衛隊築城基地

1942年に旧海軍航空隊の基地として発足。戦後、米軍が進駐したが、57年に航空自衛隊の基地に。福岡県築上町に司令部があり、行橋市、みやこ町にもまたがる。基地面積は約271万平方メートルで、戦闘機部隊のある空自基地としては全国最小。国籍不明機に対する警戒や緊急発進(スクランブル)を行うF2支援戦闘機とF15戦闘機がそれぞれ約20帰パトリオット地対空誘導弾などが配備されている。隊員約1600人。

(2007-11-23 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航空自衛隊築城基地の関連キーワード源田実地方隊土浦航空隊陸軍航空隊防府飛行場百里基地航空自衛隊百里基地印旛飛行場久邇朝融戸塚道太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

航空自衛隊築城基地の関連情報