舫・纜(読み)むやい

精選版 日本国語大辞典「舫・纜」の解説

むやい むやひ【舫・纜】

〘名〙 (動詞「むやう(舫)」の連用形の名詞化) と船とを横に並べてつなぐこと。をつなぐこと。また、一艘の船をにつなぐこと。もやい
※類従本堀河百首(1105‐06頃)恋「むやひするがまのほ縄の絶えばこそあまの橋舟行きも別れめ〈源俊頼〉」

むや・う むやふ【舫・纜】

〘他ハ四〙 船と船とを並べてつなぎ合わす。また、船を岸につなぐ。もやう。
山家集(12C後)下「湊川苫に雪ふく友舟はむやいつつこそ夜を明かしけれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android