舫・纜(読み)むやい

精選版 日本国語大辞典の解説

むやい むやひ【舫・纜】

〘名〙 (動詞「むやう(舫)」の連用形の名詞化) 船と船とを横に並べてつなぐこと。筏をつなぐこと。また、一艘の船を岸につなぐこと。もやい。
※類従本堀河百首(1105‐06頃)恋「むやひするがまのほ縄の絶えばこそあまの橋舟行きも別れめ〈源俊頼〉」

むや・う むやふ【舫・纜】

〘他ハ四〙 船と船とを並べてつなぎ合わす。また、船を岸につなぐ。もやう。
※山家集(12C後)下「湊川苫に雪ふく友舟はむやいつつこそ夜を明かしけれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android