コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

般若寺茶

1件 の用語解説(般若寺茶の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

般若寺茶

般若寺は、平安中期の応和年間(961〜964)に性空上人が開基し、戦国武将の島津義弘が深く信仰したと伝えられる。湧水町の資料では、約650年前の室町時代、住職を務めることになった住持(じゅうじ)が、京都・宇治から寺園に茶樹を植え製茶し、その方法を門徒に伝授したのが鹿児島における製茶の始まり、としている。ただ鹿児島茶の歴史についてはこれ以外に、金峰町(現南さつま市)に約800年前に伝わったという説など複数ある。

(2008-05-14 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

般若寺茶の関連キーワード多武峰少将物語般若寺扶桑集応和天徳覚任忠望王般若坊昌平親王源為明

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone