コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舵取り・楫取り かじとり

大辞林 第三版の解説

かじとり【舵取り・楫取り】

( 名 ) スル
舵を操って船を一定の方向に進ませること。また、その人。操舵手。
物事がうまく進行するように、指揮・誘導すること。また、その人。 「財界の-役」
古代・中世に、荘園の年貢や公事物を運搬する船の責任者。近世においては航海の責任者としての役職名で、船頭につぐ重要な役職。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

舵取り・楫取りの関連キーワード責任者公事物操舵手航海指揮中世財界近世役職荘園年貢船頭