コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船橋秀賢(読み)ふなばし ひでかた

美術人名辞典の解説

船橋秀賢

安土桃山・江戸前期の公卿・儒学者。船橋家初代。清原国賢の子。式部大丞・明経博士・式部少輔などを経て、従四位上に至る。漢文学連歌を能くし、また活版印刷にも通じ『古文孝経』『式目仮名抄』などを上梓徳川家康の命により古書に捜出献上を勤めた。日記『慶長日件録』がある。慶長19年(1614)歿、40才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android