コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船舶検査活動と臨検

1件 の用語解説(船舶検査活動と臨検の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

船舶検査活動と臨検

船舶検査は相手国への経済制裁を厳格に実施するため、特定の安保理決議に従って行われる措置。不審な船をチェックし、目的地の変更などを要請する。日本の船舶検査は米国などに比べ、(1)乗船に船長の承諾が必要(2)警告射撃が認められない――など強制力がない。臨検は、平時には軍艦などが外国船舶海賊行為などを公海で取り締まることを、戦時には交戦国の軍艦が敵船舶やその積み荷などを捕獲する際に船舶書類を検査するための手段を指す。◇◇

(2006-10-12 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船舶検査活動と臨検の関連キーワード経済制裁資産凍結シリア船舶検査ベブレン厳正鉗鎚報復リビアと経済制裁リビアと国際社会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone