コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船遊亭扇橋(2代) せんゆうてい せんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船遊亭扇橋(2代) せんゆうてい-せんきょう

1786-? 江戸時代後期の落語家。
天明6年生まれ。初代船遊亭扇橋の門にはいり,入船扇蔵(いりふね-せんぞう)をへて2代目を襲名。のち陸奥(むつ)への旅に出,旅行記「奥のしをり」をあらわした。仙台で75歳で死去とも。別号に烏亭扇橋,語仏老人。著作はほかに「落語家奇奴部類(きぬぶるい)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

船遊亭扇橋(2代)の関連キーワード三浦梅園田沼時代徳川家治フリードリヒ大王ベニョフスキーベニョフスキーシェースの反乱徳川家治フリードリヒコーンウォリス砦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android