コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艦内新聞

1件 の用語解説(艦内新聞の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

艦内新聞

旧海軍の艦船で発行されたミニコミ紙。ガリ版刷りでB5判2ページやB4判1ページが多い。日刊(朝刊)のほか夕刊や週刊の形態をとった。艦名に合わせた新聞の題字を作り、艦内新聞社を設けた船もある。獅子文六は小説「海軍」で、「文章や絵に腕のある士官達が、発行兼印刷人となって……刷り込むのだが、なかなか、隅に置けない編集振りである」と記述。軍艦「八雲」が1936年に発行した「八雲新聞」は士官以上が25銭、下士官10銭、一般兵7銭だった。現在も、海上自衛隊の艦船が遠洋練習航海などの際に発行している。

(2011-12-08 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

艦内新聞の関連キーワード地方紙藩札艦船兵曹ミニコミ外貨建社債海軍工廠畳み紙呉鎮守府丸山尚

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone