コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良う・善う・能う よう

大辞林 第三版の解説

よう【良う・善う・能う】

( 副 )
〔「よく」のウ音便〕
十分に。巧みに。上手に。 「まだ-は書かずとて/源氏 若紫
大層。はなはだ。 「いと-似給へり/源氏 桐壺
しばしば。たびたび。 「おめえたちやあ-喧嘩あするぜえなあ/滑稽本・浮世風呂
下に推量または反語の語句を伴って、容易にあり得ないことの意を表す。どうして。なかなか。 「 -、われがやうな者が、ゆるさうわいな/狂言記・胸突」
下に打ち消しの語句を伴って、不可能の意を表す。…することができない。 「これほどの所を-飛ばいで、あのなりは/狂言記・飛越新発意」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android