コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良う・善う・能う よう

1件 の用語解説(良う・善う・能うの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

よう【良う・善う・能う】

( 副 )
〔「よく」のウ音便〕
十分に。巧みに。上手に。 「まだ-は書かずとて/源氏 若紫
大層。はなはだ。 「いと-似給へり/源氏 桐壺
しばしば。たびたび。 「おめえたちやあ-喧嘩あするぜえなあ/滑稽本・浮世風呂
下に推量または反語の語句を伴って、容易にあり得ないことの意を表す。どうして。なかなか。 「 -、われがやうな者が、ゆるさうわいな/狂言記・胸突」
下に打ち消しの語句を伴って、不可能の意を表す。…することができない。 「これほどの所を-飛ばいで、あのなりは/狂言記・飛越新発意」
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone