コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良う・善う・能う(読み)よう

大辞林 第三版の解説

よう【良う・善う・能う】

( 副 )
〔「よく」のウ音便〕
十分に。巧みに。上手に。 「まだ-は書かずとて/源氏 若紫
大層。はなはだ。 「いと-似給へり/源氏 桐壺
しばしば。たびたび。 「おめえたちやあ-喧嘩あするぜえなあ/滑稽本・浮世風呂
下に推量または反語の語句を伴って、容易にあり得ないことの意を表す。どうして。なかなか。 「 -、われがやうな者が、ゆるさうわいな/狂言記・胸突」
下に打ち消しの語句を伴って、不可能の意を表す。…することができない。 「これほどの所を-飛ばいで、あのなりは/狂言記・飛越新発意」
[句項目] 良うせずは

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android