コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良円(3) りょうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良円(3) りょうえん

1178-1220 鎌倉時代の僧。
治承(じしょう)2年生まれ。九条兼実(かねざね)の子。法相(ほっそう)宗。信円につき奈良興福寺一乗院の門跡(もんぜき)をつぐ。2度興福寺別当となる。承久(じょうきゅう)元年僧正となり,最勝講の読経番をつとめた。「万代和歌集」に1首のる。承久2年1月14日死去。43歳。
【格言など】花盛とひくる人のしるへしてあるしかほなる春の山風(「万代和歌集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良円(3)の関連キーワードフリードリヒ(2世)(ドイツ国王、神聖ローマ皇帝)アンテーラミ埼玉伝統工芸会館ジャヤバルマン7世禅暁モーニング娘。安徳天皇長秋詠藻長秋詠藻サンタマリア修道院

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone