コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良弁・朗弁 ろうべん

大辞林 第三版の解説

ろうべん【良弁・朗弁】

689~773) 奈良時代の僧。日本華厳宗第二祖。義淵に法相宗を学び、奈良東山で苦行。金鐘寺(のち、羂索院)に住し、審祥しんじようを講師としてはじめて華厳の講席を開く。東大寺初代別当、ついで僧正。二歳のとき鷲わしにさらわれて春日社前の杉(良弁杉)の枝に置かれ、義淵に養育されたという伝説がある。金鐘行者。金鷲菩薩。りょうべん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

良弁・朗弁の関連キーワード奈良時代法相宗審祥講席義淵

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android