コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良忠(2) りょうちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良忠(2) りょうちゅう

?-? 南北朝時代の僧。
二条良実の孫。二条師忠(もろただ)の猶子。護良(もりよし)親王につかえ,鎌倉幕府を討つ計画にくわわる。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)赤松則村にしたがい,六波羅を攻める。護良親王が幽閉されたとき殺されたという。通称は殿法印。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良忠(2)の関連キーワード南北朝時代二条良実

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android