コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良恕法親王 りょうじょほうしんのう

1件 の用語解説(良恕法親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

良恕法親王

陽光院誠仁親王第三皇子。初名勝輔、法名覚円のち良恕。曼珠院門跡。第百七十代天台座主となり、二品に叙せられる。書画・和歌を能くした。著書に『巌島参詣記』がある。寛永20年(1643)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

良恕法親王の関連キーワード有栖川宮韶仁親王任助法親王昭高院道勝法親王大覚寺宮空性法親王高松宮好仁親王八条宮智仁親王仁和寺宮覚道法親王曼殊院良恕法親王桂宮陽光院

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone