コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良暹(1) りょうぜん

1件 の用語解説(良暹(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良暹(1) りょうぜん

?-1064ごろ 平安時代中期の歌人,僧。
天台宗祇園感神院(現八坂神社)の別当。「後拾遺和歌集」「新古今和歌集」などの勅撰(ちょくせん)集に歌がのる。康平7年ごろ死去。享年に67,68歳説がある。私撰集に「良暹打聞(うちぎき)」(散逸)。
【格言など】寂しさに宿を立ち出でてながむればいづくも同じ秋の夕暮(「小倉百人一首」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良暹(1)の関連キーワード広島市内の土砂災害警戒区域都立高校入試の採点ミスイブンハズム金点久多荘名手荘光高温計ピサ大聖堂

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone