コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良祐(1) りょうゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良祐(1) りょうゆう

?-? 平安時代中期-後期の僧。
比叡(ひえい)山ではじめ皇慶(こうげい)(977-1049),ついで安慶(あんきょう),長宴にまなぶ。のち天台密教三昧(さんまい)流をはじめる。宿曜師(すくようじ)として知られた。通称は三昧阿闍梨(あじゃり)。著作に「三昧流口伝集」「自行次第本末」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良祐(1)の関連キーワード比叡

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android