コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色定法師 しきじょうほうし

美術人名辞典の解説

色定法師

鎌倉前・中期の臨済宗筑前香正寺の学僧。名は良祐、別号に安覚。建仁寺栄西禅師の弟。一切経書写の願をたて、渡宋して十余年の間も蔵経の暗記に努める。帰朝後、大願を発して42年、漸く承元初年に達成、色定一切経の名を残す。寛喜3年(1231)寂、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報