色素型BD-R(読み)しきそがたBDR/しきそがたびーでぃーあーる

知恵蔵の解説

色素型BD-R

これまで次世代DVDの記録型ディスク、BD-R(追記型ブルーレイディスク)の素材は、金属皮膜の無機型であったが、2007年春に、DVD-Rで使用されていた有機の色素型構造が、正式な規格として認められ、08年春から発売される。色素型は生産性が高いことが大きなメリットである。無機型BD-Rの最低価格品は06年に約1500円であったが、07年末には約700円まで下がった。有機型の登場で、さらなる価格低下が期待される。

(麻倉怜士 デジタル・メディア評論家 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android