色見(読み)いろみ

大辞林 第三版の解説

いろみ【色見】

漁船における魚群発見のための見張り役。
かまの中の焼き物の焼き加減を見ること。また、そのために窯の中に入れた試験標本。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

色見の関連情報