芥川丹丘(読み)あくたがわたんきゅう

大辞林 第三版の解説

あくたがわたんきゅう【芥川丹丘】

1710~1785) 江戸中期の儒者・漢詩人。京都の人。名は煥、字あざなは彦章。宇野明霞・伊藤東涯・服部南郭らに師事して、華音・白話小説にも通じた。著「薔薇館集」「丹丘詩話」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android