花コウ岩化作用(花崗岩化作用)(読み)かこうがんかさよう(英語表記)granitization

世界大百科事典 第2版の解説

かこうがんかさよう【花コウ岩化作用(花崗岩化作用) granitization】

花コウ岩とは異なる化学組成と組織をもつ岩石(たとえば砂岩泥岩)から溶融状態(マグマ)を経ずに物質の出入りによって花コウ岩に変化する一群の過程の総称である。トランスフォーミズムtransformismともいう。花コウ岩は玄武岩に次いで地表によく見られる岩石であり,とくに安定大陸(楯状地)の中核部や周辺の造山帯の中軸部に大量に出現している。このため花コウ岩の成因については古くから興味がもたれ,マグマの固結によって生じたとする説と花コウ岩化作用によって生じたとする対立する2説があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android