コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花乃舎唯念

美術人名辞典の解説

花乃舎唯念

幕末・明治画僧。真宗輪宗寺住職。伊勢桑名生。初号は花洞、のち花乃舎と号した。渡辺清・浮田一蕙について画を学ぶ。安政の皇居造営に際し、土佐光文・一蕙と共に障子画の作成に従事した。明治27年(1894)寂、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android