コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花乃舎唯念

1件 の用語解説(花乃舎唯念の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

花乃舎唯念

幕末・明治の画僧。真宗輪宗寺住職。伊勢桑名生。初号は花洞、のち花乃舎と号した。渡辺清・浮田一蕙について画を学ぶ。安政の皇居造営に際し、土佐光文・一蕙と共に障子画の作成に従事した。明治27年(1894)寂、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花乃舎唯念の関連キーワード千原夕田羽田子雲小栗布岳勝詮菊池梅亭竜駕越智橘園常磐井尭煕帆山惟念渡辺香岳

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone