花取(採)踊(読み)はなとりおどり

世界大百科事典内の花取(採)踊の言及

【太刀踊】より

…おもに高知県西部と愛媛県宇和地方に行われている風流(ふりゆう)踊(風流)で,青年たち10~20名程度が真剣を打ち合わせながら踊る。花取(採)踊と称して一段と風流化したものも少なくなく,たとえば土佐市蓮池では,鉢巻をし,袴(はかま)の股立(ももだち)を取った10名前後の青年が,太刀組と花棒組に分かれて立ち合い,太刀で花棒の紙花を切り散らしながら歌にのって踊る。広義には棒踊などの武技の芸能に入り,武具を打ち合わせるところに悪霊調伏の呪術的意義がある。…

※「花取(採)踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android